FC2ブログ
爺様御乱心
FE"Z"(ファンタジーアースゼロ)のHorusによるプレイ日記 + 日常雑記 + その他もろもろ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ワーグノス攻撃
ワーグノス防衛を以前お話したかと思いますが、今回はワーグノス攻撃の持説を少々。

攻撃は絶対に北西を抜かれてはならない
敵は、北西へ全軍を仕掛けてきている
(防衛側は南東にクリがないから初動行っても意味が無い為)
それに比べて味方は、キプ掘り+南東およびH8へ半数割いている事が多いので歩兵数で負けている北西は、キプ前まで押され、その時点で負けが確定してしまう。


攻撃の初動は、キプ掘以外北西へ行くのが勝ち負けの境だと思われる。
北西へ着いた後は、C3の崖を登れればいいのだが崖上までは、壁を使っても使わなくても2ジャンプ必要であり損失が大きい。
「崖上を占領したい人」と「崖の登り方を知らない人」、「敵のレイン、ジャッジが痛くて前出たくない人」、「崖上へは登りたくないけど崖上を攻撃したい人」の意識の相違があのエリアでの大量のデッドを生み出している。
逆に防衛は、「崖上に上がらせない」、「隙があれば降りて北西落とす」と単純。


話は戻って、はじめにも申しましたが、北西は抜かれないことこそ肝心です。
つまり勝つためには、北西の領域が必要になってくるのです。
攻撃にとって損失の大きい崖上へ上がる必要はほぼないといってもいいでしょう。
(歩兵の質やLv差がある場合はどんどん前出ましょう。)
崖下B3クリ周辺に降りてきた敵を確実に仕留めていけばいいだけ。
その間にATを建てられるだけ建てて要塞化しましょう。


その後、南東の領域が大事になってくるわけです。
ようは、北西と南東の歩兵のバランスが悪いからすぐに北西を取られてしまうというわけです。
北西の弾幕痛くて行きたくないと思っていても、勝とうと思うなら初動は北西へ行きましょう。
ちなみに橋から北西じゃないですからね。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。